総合トップ 新築トップ 不動産トップ リフォームトップ

お知らせ

冬の寒さ対策|三条 断熱 リフォーム

みなさんは、おみくじ引きましたか?僕は末吉でした。

こんにちは、三条店の近藤です。

三条店では、今年から月毎にテーマを設けてブログを更新することになりました。

記念すべき最初のテーマは「断熱」です。

そこで今回は、冬の寒さ対策をリフォームで行うメリットについてご紹介します。

 

メリットは大きく分けて2つあります。

1つ目は、「電気代などの光熱費の節約になる」です。

冬の寒さ対策を目的としたリフォームを行うと、光熱費を抑えることができます。

これは、断熱リフォームによって室温の変化が緩やかになることで、

エアコンやヒーター等の空調機器が稼働する時間が短くなることが理由です。

 

2つ目は、「部屋ごとの気温の変化が小さくなるので病気の誘発を防ぐことができる」です。

冬期は暖房機器を使用した部屋と、暖房機器を使用していない廊下やトイレ、浴室では大きな気温差が生まれてしまいます。

人間の体は暖かい場所から寒い場所に移動すると、体の熱が急激に下がらないよう血流を調整する仕組みがあり、あまりに急激な変化は心臓や血管に負担を与えてしまいます。

これにより、冬期は入浴時やトイレなどで「ヒートショック」という症状が起こりやすいとされています。

ヒートショックとは、寒暖差による循環器系への負荷が原因で起こる心筋梗塞や脳卒中などの病気の総称です。

実は、日本の住宅におけるヒートショックによる死亡数は交通事故による死亡の4倍以上というデータもあります。

冬の寒さ対策リフォームで室内の寒暖差が小さくなれば、このヒートショックによるさまざまな病気の発生も抑えることができるでしょう。

 

少しでも興味があればご相談お待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

各種イベント・見学会のご予約はこちらをご覧ください。

各種イベント情報