総合トップ 新築トップ 不動産トップ リフォームトップ

お知らせ

「換気」を詳しく知りましょう!|燕市 三条市 注文住宅 ハンズワタベ

新築部の足立です

お盆休みも終わりの方が多いと思います。体調は大丈夫ですか?

さて、本日のテーマ「換気を詳しく知りましょう!」です。

 

換気設備の種類について

シックハウスの問題などから、平成14年に建築基準法が改正され、住宅では、家全体を24時間換気できる設備の設置が義務付けられました。

意外と知らない方も多いのですが、シックハウス以外にも換気設備はかなり重要で、とりあえず換気扇を付ければOKということではありません。

家全体の「換気計画」が重要です。計画換気とも言います。

この換気計画が機能しないと、結露の原因になったり、場合によってはカビ、ダニの温床になることがあります。

 

では実際に換気設備にはどのような種類があるのでしょうか。換気設備の種類は大きく分けて3種類あります。

 

【第一種換気(給排気型)】

第1種換気イラスト

 

 

 

 

 

給排気ともに換気ファンを用いる方法。給排気量を確実に確保するには適しています。
給気、排気のそれぞれのファンのプランニングによって、室内の内部の圧力を周辺より高くしたり、低くしたりすることも可能です。

多くの熱交換型換気システムがこの第一種換気です。

 

【第二種換気(給気型)】

第2種換気イラスト

 

 

 

 

 

 

給気は換気ファンで、排気は排気口を用いる方法。
外気を入れにくくするクリーンルームなどで用いられ、一般住宅ではあまりみられません。

 

【第三種換気(排気型)】

第3種換気イラスト

 

 

 

 

 

排気は換気ファンで強制的に、給気に換気口を用いる方法。
トイレやキッチンなど、臭気や熱気、汚れた空気が発生する場所に排気ファンを設置します。
給気は個室や寝室などの新鮮な空気を必要とする場所に設けます。

 

更に、ダクト方式かどうかなど、様々な方法があります。

そしてそれぞれメリット、デメリットがあります。

 

詳しくは第2弾で説明しますが、住まいづくり相談会でも詳しく解説しています。

 

 

ハンズワタベ 3つのモデル住宅のご紹介です

吉田西太田モデル外観

 

燕市吉田西太田モデル

 

 

 

 

 

水道町モデル エクステリア

 

燕市水道町モデル

 

 

 

 

三条市西本成モデル 外観

 

三条市西本成寺モデル

 

 

 

 

 

 

モデル住宅はこちら

また、住まいづくりの相談会も開催しております。

住まいづくり相談会はこちら

 

各種イベント・見学会のご予約はこちらをご覧ください。

各種イベント情報