総合トップ 新築トップ 不動産トップ リフォームトップ

お知らせ

雪見障子風造作建具|燕市、三条市の注文住宅

こんにちは。新築部の桑原(由)です。

 

今日は造作建具のご紹介をいたします。

 

皆様、雪見障子はご存じですか。

「障子の下半分にガラスがはめ込まれているもの」のことを

雪見障子と呼びます。

 

主に和室に用いられ、

お部屋の中で座りながら外の雪景を眺めることができることから「“雪見”障子」と名付けられております。

 

雪見障子には、下半分の障子が上下可動するものもあります。

「眺望が欲しいとき」と「プライバシーを保ちたいとき」のどちらでも対応できます。

 

こちらは、

引戸に雪見障子のよいところを取り入れた造作建具です。

造作雪見障子1

障子部分が可動式になっています。

造作雪見障子2

可動部を下げると・・・

 

造作雪見障子3

目隠しに。

光は通すので、窓に面しない廊下に対しては採光補助の役割もあります。

ご参考になれば幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新築をご検討中の方へ

現在建売住宅3棟が見学可能です。
実際にハンズワタベが建てた住宅を見学してみませんか?

建売住宅情報

家づくりにまつわる疑問や質問にもお答えします!

各種イベント・見学会のご予約はこちらをご覧ください。

各種イベント情報