総合トップ 新築トップ 不動産トップ リフォームトップ

お知らせ

残暑|エアコン

こんにちは☆リフォーム部の山﨑です☆

洗濯物がすぐ乾いてくれて助かりますが今日も肌がジリジリする暑さですね。

そんな毎日ですので、まだどのご家庭でもエアコンを使っていると思いますが少しの工夫で効率よく使用することができます!今日は2点ご紹介します。

●夏、室外機は日陰に設置するか、室外機から1メートルほど離れたところに、植木を植えたり、すだれをたてかけるなどして日陰を作ってあげましょう!
室外機周辺の外気温が何らかの原因で高くなりすぎると、冷却効率が低下してしまい、エアコンの「効き」が弱くなってしまうことがあります。
ただし、室外機を板で囲ったり、すだれをかぶせた時に吹き出し口をふさいでしまわないよう十分な注意が必要です。
エアコンの「効き」が弱いのでは?と感じる前に、一度室外機の周辺環境の点検・見直しをしてみることをお勧めします。

●エアコンのフィルターは2週間に1度のペースでお掃除しましょう!
エアコンの空気を吸い込む入り口にはフィルターがついていて、ゴミやほこりがエアコンの中に入らないようにしています。
このフィルターにゴミやほこりがついていると、空気の通り道をふさいでしまうので、空気をしっかり吸い込むことができずに、部屋を涼しくするのに多くの電気を使うことになります。
2週間に1回の掃除で約5%の節電効果があり、逆に1年間掃除しないと約25%も無駄使いになるといわれています。(※メーカーや機種により数値は変わります)
掃除方法は、掃除機で吸い取るだけでOK。 キッチンとリビングが仕切られていないワンルームなどではエアコンがホコリとともに空気中の油分を吸ってしまうことがあるのでその場合は中性洗剤を溶かしたぬるま湯でつけ置き洗いする方法がおすすめです。

室内での熱中症も意外と多いそうです。エアコンを活用して残暑を乗り切りましょう。