総合トップ 新築トップ 不動産トップ リフォームトップ

代表挨拶

代表取締役 渡部政雄

地域の人にとって
少しでも役に立つ会社を

昭和50年、父がやっていた小さな材木店を継ぐため、勤めていた設計事務所を退社して寺泊に戻りました。当時はハウスメーカーの影響力も現在ほど強くなく、住宅建築の分野では地元の大工さんが力を持っていた時代です。

私は材木店を手伝いながらたまに大工さんや建設業者から頼まれる図面の作成や構造計算を担当。ただ自分の性格からして、実際に住まれる方の喜びや、たまにいただく不満などを感じない立場にはあまり満足できませんでした。

私が工務店としてスタートしたのは昭和56年頃から。燕市で始めたのは、地元の寺泊では父の仕事(材木店:お客は工務店)の邪魔になるからです。燕地域に関係している友人、知人、電気屋さんなど、利用できそうなコネは全部利用させてもらいました。

当時は景気の波もありましたが、今ほどのデフレ状況ではありません。仕事が少し忙しくなれば外壁改修を頼みたいなど、近い将来に希望があった時代でした。普段付き合っている知人、友人、特に仕事の紹介をしてくれた人などに、早く借りを返せる状態になりたいと思ったものです。

設計の分野では多少の経験や実績はあり、自信もありましたが、施工に関しては、ほとんど知識もなく結構失敗も経験させてもらいました。
小さな事業でも軌道に乗せるのは意外と努力も運も普段の付き合いも大事なことです、自分ひとりの力などたかが知れています。

会社の経営理念で”地域の人との生涯付き合い”と掲げているのはその当時を振り返ったとき、本当にいろんな人のお世話になったというところからです、まだまだ恩返しができるほど成長はしていませんが地域の人との付き合いの中で少しでも役に立つ自分・役に立つ会社をつくってゆくのが私の夢でもあり使命だと思っています。
意外と狭い営業エリアだけにこだわっているのも、近くにハンズワタベがあってよかったとお客様に言ってもらいたいためです。

経営理念

経営目的(存在意義・ミッション)

地域の人との生涯付き合い

住宅の建築・不動産事業を通し地域の人と生涯的付き合いをさせてもらう。
仕事の仕方は“好かれ、気に入られ、頼りにされる”というものでなければなりません。

経営理念(信条・心構え)

住宅事業という仕事を通じ自分には人間の成長
お客さまには安心と感動を提供する

私たちは仕事を人生修行の場と考える。人の役に立ってこそ自分の存在が社会から認められ社会から必要とされる人間になるのだから、その仕事を通じお客様により多くの喜びや感動を提供することにより、仕事が増え会社が栄え、社員一人ひとりの家庭・人生が豊かになりさらには社会の繁栄にもつながっていくのである。よって“自分には人間の成長”“お客様には安心と感動”をもってわが社の経営理念とする。

社是(行動規範・理念)

信義・筋・学び

人をだますこと、不正義、卑怯な振る舞いはしない。筋を通すこと相手の立場を尊重すること。価値観として常に前向きで向上心をもちチャレンジ精神を、失わないこと。

特に当社で決めているやらないこと3つこと

  • 住宅建築しかやらない
  • 営業エリア内でしかしない
  • 値段だけで決められる仕事はできない