新築住宅 カーテン選び

2019-05-31

みなさまこんにちは、田中です。

先日、お客様とカーテンプランの打ち合わせで
ショウルームに行って来ました。

リビングなど大きな窓が設置されている部屋は
カーテンの存在も大きくなり、
そこをアクセントとて色味や柄を加えるか
壁と同化させシンプルにするのか、迷うところです。

壁紙ほどではないですが、カーテンも頻繁には買い替えをしないので
慎重になりますね。

今回も沢山のサンプル生地の中から吟味して
じっくりと選びました。

カーテンは主に厚地のドレープと
薄地のレースの組合せがベーシックなパターンです。

基本はレースはシンプルに
柄や色を入れるなら表になる厚地カーテンにする事が多いですが
あえて表側の厚地カーテンはシンプルなものを選び
レースに柄を入れるパターンも面白いと思います。

ただし、柄が入ったレースは繊細な刺繍が施されていたりと
手の込んだものが多いので金額は厚地カーテンを上回ることもあります。

ですが、昼間は厚地カーテンよりレースのカーテンを目にする時間が長いですし、
昼間の時間帯は日差しを通して、綺麗な柄がインテリアのアクセントになります。

カーテンを選ぶタイミングは家づくりの中でも
最終段階ですが、あまりない機会ですので
是非楽しみながらプランして頂けたら嬉しいです。

カテゴリー: スタッフブログ 
オープンハウス 住宅完成見学会
スマートエコ換気システム
HOME 新築部 新着情報 ハンズワタベが大切にしていること 全棟、長期優良住宅仕様 低コスト高品質なデザイン ハンズアフターサポートで住んでから安心 土地やローンなどトータルサポート 総額表示だから安心 家づくりのポイント 家づくりのポイント~土地編~ 家づくりのポイント~間取り・家編~ 家づくりのポイント~資金編~ 家づくりのポイント~スケジュール編~ 大切なお客様 商品・プラン紹介 安心の保証 スタッフ紹介 スタッフブログ 資料請求 お問い合わせ ハンズワタベについて 代表挨拶 経営理念 メディア掲載情報 受賞実績 プライバシーポリシー
ハンズワタベリフォーム部
このページのトップに戻る
Copyright© 2012 燕市の新築・家づくりは地元工務店「ハンズワタベ」 All Rights Reserved.