低価格・高品質なデザイン

ハンズワタベは、デザイン性を追求しながらも低コスト・高品質な住まいをお届けします。

上下左右のシンメトリーを実現するグリッドによるデザイン

グリッドの軸線上に上下階の壁を配置、重ねていくことで上下階の部屋のシンメトリーが実現。
柱と耐力壁の直下率も上がります。構造をしっかりと考えた間取り、設計を全ての家で行っています。


グリッドデザインの効果「耐震性の向上」

[柱・耐力壁の配置と直下率]
柱の直下率とは2階の柱の下に1階の柱がくる率、耐力壁の直下率とは2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がくる率をいいます。
高品位住宅の設計基準では、柱の直下率を60%以上耐力壁の直下率を60%以上に定めています。
[耐力壁の配置と偏心率]
偏心とは重心と剛心のずれのことをいい、偏心が大きすぎると建物はねじれるようにして壊れる可能性があります。
■重心=建物の重さの中心。
■剛心=建物の強さの中心で壁の配置の偏りで決まる。


グリッドデザインの効果「経済性の向上」

構造を整理することで、無駄が省かれ根本的なコストダウンが実現します。
その分の費用を住宅の基礎部分に掛けることができます。

ベタ基礎 ※構造計算の末、決定します


ダブル配筋(外周部)

ハンズワタベの自慢の基礎は、基礎の中に含まれる13mm径の鉄筋が150mm間隔で密に組まれ、これは通常の2倍以上の鉄筋量になります。
また、外周部はダブル配筋を施し、より強固に建物を支えています。基礎の立ち上がり部分はベース部分が250mm以上、立ち上がり部分は400mm以上となっています。これは、全ての商品で共通です。

基礎断熱

基礎のところに置いている黒い物体がキソパッキンです。これは1m間隔で置かれています。これによって、基礎と土台にすき間ができ、空気の通りをよくしています。
シロアリが生息しにくい床下環境をつくるので、シロアリ駆除剤を使わず安全です。

剛床施工

2階の床は、非常に剛性の高い工法にて施工し、地震の時には、ねじれを防ぎ耐震性を高めてあります。梁に根太堀りを施し、根太を落とし込んでいき、その上に構造用パネルと遮音・制震マット(4.5mm)を敷き詰め、床材を施工しています。ねじれが少なく、2階の物音も軽減されます。

金物

建物外周部の出隅の柱と横架材及び土台はホールダウン金物で相互に緊結する。また、筋交いは筋交いボックス等で、柱、横架材及び土台に緊結するなど、大きな地震にも耐える構造となっています。

グリッドデザインの効果「シンプルモダンデザインの追求」

モデルハウスOPEN
スマートエコ換気システム
HOME 新築部 新着情報 ハンズワタベが大切にしていること 全棟、長期優良住宅仕様 低コスト高品質なデザイン ハンズアフターサポートで住んでから安心 土地やローンなどトータルサポート 総額表示だから安心 家づくりのポイント 家づくりのポイント~土地編~ 家づくりのポイント~間取り・家編~ 家づくりのポイント~資金編~ 家づくりのポイント~スケジュール編~ 大切なお客様 商品・プラン紹介 安心の保証 スタッフ紹介 スタッフブログ 資料請求 お問い合わせ ハンズワタベについて 代表挨拶 経営理念 メディア掲載情報 受賞実績 プライバシーポリシー
ハンズワタベリフォーム部
ハンズワタベ介護支援部
このページのトップに戻る
Copyright© 2012 燕市の新築・家づくりは地元工務店「ハンズワタベ」 All Rights Reserved.